WEBで求人を出す

WEBで求人を出すには、求人サイトと契約して掲載してもらうのがまず考えられる方法です。これはサイトによって料金や使いやすさなどさまざまですので、予算、担当者が確保、サイトの特性などを調査検討した上で決める必要があります。
無料で掲載できるサイトであれば、予算面は問題はありません。予算をかけたくないならば、こうしたサイトを探してみるのもよいでしょう。
コストをかけられるならば、求人案件の書き方など、求人を出す際のノウハウなどを相談できるようなサイトを探してみるのがよいでしょう。

求人サイト以外でWEBを使って求人項目を出すならば、自社のホームページに掲載する方式があります。この場合は、自社のホームページを訪れてくれる人を増やす方法を自社で検討、実施していかなければなりません。すでに自社のホームページへのアクセスについて、狙っている範囲の対象者に対してアクセス数を増やす対策を行っているならば、自社サイトに求人案件を掲載するのはよいでしょう。

WEBで仕事を探す

求人サイトのテレビCMを多くみかけます。それだけのコストをかけるぐらいですから求人サイトには多くの仕事が存在しています。
仕事を探すならまずは求人サイトで探してみましょう。
就職、転職、アルバイト、業界、地域など、特定の分野に特化しているなど、サイトにより特色があります。
多様な業界、業種、地域の求人を掲載したサイトの場合、転職、就職別であるなど、なにかしらの特色はもっています。
サイトの特徴をつかむことからはじめましょう。
プログラマの求人を探したい場合は、そうした求人が掲載されているサイトでなければそもそも意味がありません。

テレビCMなどでサイト名を知っていれば、そのサイト名で検索すればその求人サイトに行きつけるわけですが、そうではないサイトも探すならば、求人サイト、転職サイトなどの検索キーワードで探すことになるはずです。求人サイトではなく、仕事を探すという観点で、「求人サイト」などのキーワードではなく、自分が探したい仕事に関するキーワードで検索すれば、仕事、および、その仕事を掲載しているサイトを発見できるでしょう。

 

Google AdSenseは手間がかからないのが良い

私の実施している現在のアフィリエイトといわれるのは、Google AdSenseを継続して行っております。 そして、グー・アドの取り扱いの長所というのは、一回でも其のページに貼り付けてしまうと、そのままに放置しておくことが出来、更には、広告内容はそのページの投稿内容に沿ったものが自動で選択され貼り付けられ、そして読者が目に留まってクリックすると、応分の金額が支払われるということです。

このアフィリのいいところは、グーグル・アドセンスは手間がかかるのは始めのうちだけで、その後は全く手間が掛からず、放ったらかしにしていおてもよいのです。

私が扱っている投稿記事は主にホームページが7~8本程度(ぺージにすると相当数あります)、 更新しているブログの数は10本程度でしょう。 収入にすると、そうですね月平均4000から5000円程度といったところでしょうか、時には1日の出来高で最高額で500円以上という金額もありましたが、平均するとやはり100円を超える位でしょうか。

従って、手元への収入は当初は1万円以上になると小切手で自宅へ届き、銀行で決済(主にシティバンク、Citibank)をしていましたが、最近は指定した銀行振り込みになっております。

多くの人たちはアフィリエイトで結構稼いでいるようですが、私ももっと頑張って多く稼ぎたたいとは思っているのだが、そして、広告収入を増やす手段は有りそうですが、所詮は素人なのでこの程度が限界なんでしょうかとも思っております。

Google AdSenseでまだ僅かな稼ぎです

筆者自身は定年退職後において、自作のホームページやブログを投稿しては楽しんでおります。 投稿の主な内容は趣味の登山の記録、旅や温泉旅行の記録など、それに世界遺産の旅など、主に旅行関係が内容で、中身はどちらかと言えば普通のマイナーな中身になっているのではないでしょうか。

そして、投稿の頁にアフィリエイトと言われる広告記事を掲載し、何がしかの収益をも得ております。 このアフィリエイトはGoogle AdSenseになります。

ただ、ネットなどの情報などによりますと、サイトを利用したこの種のアフィリエイトの稼ぎでは月額にして数万円とか数10万円とかというような、更に極端な場合100万円などを稼ぐなどと、一寸、オーバー気味に宣伝されているような気もいたしますね。

このよう事例については、高い収入を得ている人たちも中に入るでしょうが、いえることは本文自体の特殊性や奇抜な内容とかセンス等の魅力的なサイトが作れた上で 、そこに、機能とかコツとか取り入れて始めて可能になるのでしょう。 其のために、PV(ページの訪問者)がものすごい数になるためでしょう。

筆者自身は、どちらといえば暇つぶしでホームページやブログを投稿しているので、訪問者数も少なく、従って報酬に関しても僅かなものになっていますね。

 

Amazonアソシエイトを使ってみた感想について

私は趣味でブログを書いているのですが、ある時にAmazonアソシエイトというものの存在を知りました。前々からもっとお金が欲しいと思っていたこともあり、実際に利用してみることにしたのですが、今回はその感想について書きたいと思います。Amazonアソシエイトを利用して最初に感じたのは、思っていたよりも審査が厳しいという点でした。

ブログの内容には自身があったので、軽くショックを受けつつも調べながら試行錯誤を繰り返してどうにか審査をクリアする事ができました。利用方法は簡単で、リンクを作成して自分のブログに貼り付けるだけで良いので、初めてでも特に苦労することはありませんでした。肝心の収益に関しては思ったほど稼ぐことができず、収益はほとんど無いに等しい状態でした。

趣味でブログをやっていた程度で他人に見せることを意識してなかったのが原因だと思いますが、いざそこを意識してみるとかなり大変でした。Amazonアソシエイトをやってみて1番に感じたのは、実際に収益を上げるには相当な努力が必要という点です。まだまだ思ったように収益を挙げられていませんが、努力を続けて稼げるようになりたいと思っています。

規約に目を通すのが大変

ブログを運営していると、せっかくなので広告を貼って収入を得たいと思うかもしれません。WEB広告を提供しているサービスはたくさんあります。それで、まずどこと契約するかを決めなければなりません。広告会社によってルールは様々です。例えば、一度申請されれば自分が運営する複数のブログに広告を貼れるのか、それともブログごとに承認の申請をしなければならないのかなどの違いがあります。申請し承認されたとして、しばらくして新しいブログを始めたときに、そのWEB広告サービスの規約をすっかり忘れてしまうということがあります。本来はブログごとに申請しなければいけなかったのに、広告を貼ってしまいペナルティを受けてしまうこともあります。このように、WEB広告のサービスごとに規約が違っているので、あまりたくさん手を出すと混乱してしまいます。いくつもあるWEB広告サービスの収益発生の仕組みや特徴についてよく理解することが大切です。

興味のある広告をクリックできない

WEB広告にもいくつかの種類がありますが、誰かがクリックするだけで報酬が発生するものと、クリックして何かの商品を購入した場合に報酬が入るものとがあります。クリックするだけで報酬が発生するタイプは、自分でクリックしたものは無効になるというルールが定められているものもあります。クリック数を稼ぎたいだけの場合など、悪質なものはペナルティが課されることがあるとも言われています。

わたしもブログに広告を貼っているのですが、自分の興味のある物事に関する広告が表示されることが多くあります。興味があるのに、ペナルティがあるかもしれないと思い、クリックできないということがよくあります。それでも、どうしても気になる広告は自分でクリックしてしまうこともあります。自分でクリックした後にツールで確認すると報酬は発生していませんし、クリック数にもカウントされていません。どのような仕組みでカウントされているのかよく分かりませんが、興味のある広告をクリックするのに勇気がいります。

アマゾンアソシエイトを使ってみて

趣味で書評やアニメ、漫画などの感想を書くサイトを運営していました。そのサイトにアマゾンの広告を貼って、多少でもおこづかいが稼げたら……、と思い、アマゾン・アソシエイトを始めました。

自分の中では、広告で稼ぐことは難しいイメージがありました。ですがアマゾン・アソシエイトはかなり簡単に始められました。難しいところなど皆無でした。

広告の張り方も丁寧に解説されていますし、難解なところは全くありませんでした。

ただ自分のブログのアクセス数が少ないことが主な原因でしたが、全然稼げませんでしたね。

個人的な意見ですが、アマゾン・アソシエイトで稼ぐには、本の紹介なんかでは全くダメだと思います。そういうものではほとんど収益が上がらないんです。なぜなら、本は安いからです。

もしアマゾン・アソシエイトである程度稼ぎたい! と考えているのであれば、本の広告などではなく、もっと単価の高いもの、たとえば電化製品などの広告を張るほうがいいのではないかな、と個人的には思いました。

AmazonアソシエイトはGoogle AdSenseより上級者向け

私は現在、音楽や本や映画、プログラミングなど、雑多なブログを運営していまして、

記事の最後にCDやDVD、プロフラミン参考書などのAmazonアソシエイト

のリンクを貼っています。

クリックは稀にされているようですが、

なかなか購入につながっていない模様です。

AmazonアソシエイトはGoogle AdSenseより上級者向けだなと感じています。

実績は、2~3ヶ月で本が一冊売れた程度です。

「Google AdSense 成功の法則 57」という本やネットの記事でも

Amazonアソシエイトの方が最終的には稼げるけど、購買に繋げなくてはいけないので、

Google AdSenseなどのクリック報酬型よりも、上級者向けだと書いてありました。

友人の母親が家電の紹介ブログでAmazonアソシエイトで収益を上げていると聞いたので、

商品との相性もあるのかなと感じています。

しかし、Amazonアソシエイトはリンクのテキスト付き画像をコードで発行してくれるので、

ブログも見栄えも良くなるし、使い勝手も簡単で便利です。

それぞれのブログや記事に合わせたアフェリエイトアフリエイトやWeb広告を選択する必要が

あるなと感じています。

WEB広告で収益改善するためにポテンシャルあるサイトの見極め方

WEB広告の成果を上げるためにはまずサイト自体のPV数が絡んできますが、人気サイトにするためにはまず検索エンジンで上位のコンテンツとして掲載されるようになるのが大事だと感じました。

複数のサイトにWEB広告を貼り付けた場合、記事数が多い少ないに関わらず検索エンジンの上位に掲載されているサイトの方が収益が出やすい傾向にあります。

Googleやヤフー、Bingなど大手検索エンジンでキーワードで検索した時にサイト順に違いがありますが、その中でもっとも重要視されるのはGoogleです。

Google検索は利用者が多いためそれだけ上位にヒットさせることで、サイトへの流入数が増加が見込めます。

とはいってもWEB広告はAmazonアソシエイトのようやアフィリエイト型の場合、商品の購入に結びつかないと収益が伸び悩みます。

なので複数のサイトの中ですべてに力を入れるよりも、当初はPV数の多いサイトのコンテンツを充実させていくことが必要です。

そうすることでサイトの滞在時間も増えることで、リンク先の商品にちなんだ記事からの誘導で収益を上げる導線はできあがります。